就職に役立つ資格はありますか?

就職に役立つ資格を習得したいなら、ビジネスシーンの流れを読むことが求められます。日本の企業の多くが世界を視野に入れて事業を展開するのようになりました。

そのためグローバル化に対応できる力をアピールできるものが望ましいです。最も分かりやすいのはビジネス英語の能力を示すTOEICで高得点を取得することです。かつては600点でも評価してくれる企業が多くありましたが、800点を取得してないとプラスにならないと考えておいた方が良いでしょう。

それぐらいないとネイティブの外国人と満足に打ち合わせを行えないからです。他にもビジネス英語の資格はありますが、採用担当者が知らないものを取得しても有利にはなりません。TOEICはほとんどのビジネスマンが知っているので、取得したにも関わらず無駄になるようなリスクを避けやすいです。

またビジネスシーンはIT化も進む一方です。これからはプログラミングを行えるのが当たり前になると予想されています。

これまではプログラミングを行えるのはプログラマーだけでした。しかし今後は他の職種であっても、ある程度はプログラミングができた方が有利です。

そのため情報系の資格を取っておくに越したことはありません。いろいろな種類がありますが、やはり国家試験に合格しておくのが一番です。基本報処理技術者試験に合格しておけば、IT化を推進する人材として採用してもらえる可能性は一気に高くなります。

もちろん情報系を専門に学んできた人にとっては基礎的な資格に過ぎません。しかし国家試験であることに変わりはないので、情報系を専門としない人が取得していた場合は大きなアドバンテージになります。

パソコンを使えることやタイピングができることは、もはや常識の範疇といっても過言ではないです。それらの資格を取得することをスタートにしても構いませんが、企業に応募するまでには基本報処理技術者試験に合格することを目指しましょう。

またビジネスシーンの流れに関わらず、常に求められるものに注目するのも一つの手です。たとえば、経理の仕事はどのような企業においても必要です。

アウトソーシングが難しい業務であるため、簿記が不要になることはありません。いろいろなソフトによって効率化が進んでいますが、それらを使用する人は簿記の知識を有しているのが望ましいです。

そのため2級を取っておくと、経理の仕事に応募したときに高い評価を得られるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です