弁護士資格を取得するにはどれくらいの費用と期間が必要ですか?

国家資格には様々なものがありますが、その一つが弁護士になります。

これには司法試験を受ける必要があり、最難関の試験といわれており十分な勉強が必要不可欠です。また受験資格を取得するのも難しいものがあり、受験資格を得るには二つの方法があります。

それは法科大学院を修了することと、司法試験の予備試験に合格することです。これらをクリアすることで、ようやく受験を行うことができます。

法科大学院に入学するには、各大学院が実施する入試に合格しなければいけません。大学によって入試科目は違いますが、適正検査や自己評価書を提出したうえで小論文や面接などをすることになります。

しかし入試の難易度はとても高く、容易に入れるわけではありません。また大学で法学を学んでいる人であれば2年制を、そうでない人は3年制のコースを受験することが一般的です。

また司法試験予備試験を受けて合格することでも受験することができ、制限などはなく誰でも何度でも受けることができます。そのため十分な学力が備わっていれば、高校を卒業してから受けて合格することも可能です

。ロースクールに通わずに司法試験を受けたい人だけでなく、法学部やロースクールに在学中に並行して予備試験を受けるということも多いです。

予備試験では出願者数に対して合格者数がかなり低くなっているので、相当な狭き門であることも事実です。そのため受ける場合には、十二分に勉強をしておくことが大切になります。

弁護士資格を取得するまでにかかる費用は、どのような形態によって受験するかによって大きく変化します。ロースクールまで行って取得しようとするなら、それまでの学費がかかるのでその点に注意しなければいけません。

またその後の司法試験で合格できなれば、受かるまでの費用もかかるのでそれも計算しておく必要があります。予備試験を経てから考えている場合は、可能性は引くですが大学に行く前に受かればその分だけ費用は少ないです。

しかしこれは非常に難しい手段であるため、大学在学中か卒業後になることが多くそれなりの費用が掛かります。

資格を取得するまでの期間ですが、一般的に大学またはロースクールを卒業してから司法試験に合格するだけでは得ることはできません。

その後に一年間の司法修習を受け、司法修習考試に合格する必要があります。このように期間は学生時代から数えるととても長いので、その点に注意しなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です