価値のあるベンダー資格で代表的な資格はなんでしょうか?

簡単に言ってベンダー資格とは、それぞれの企業が独自に行なっている資格のことで、色々なものがあるため自分にとって本当に必要なものが何かを見極めて取得することができます。では、価値あるベンダー資格の中でも代表的なものとは一体何でしょうか。
世界的にも有名なものの一つは、オラクルマスターです。これはOracle社によって実施されている試験の一つで、リレーショナルデータベースソフトウェアの技術力が問われる試験となります。レベルが高いほど難易度も高いと言われていますが、一生懸命勉強して取得に励むことができます。
また別の代表的なものとは、シスコ技術者認定と呼ばれるものです。このシスコ技術者認定は、ネットワーク関連のソフトウェア製品で大変有名なシスコ社によって実施されている試験です。難易度も五つの段階に分かれているため、自分の能力に合わせて受験することができるでしょう。シスコ技術者認定を受けると、ネットワーク関連の技術力が認められることになるため、就職や転職の際に有利に働くと期待できます。
さらに別の代表的なものとして、オラクルJava認定資格と呼ばれるものがあります。基本的に試験においては、Javaアプリケーションの開発に必要とされる技術力が問われることになっています。Javaと呼ばれるプログラミング言語は、非常に錠が高い言語で、様々なシステムの開発などに採用されていると言われています。そうした理由で、この認定を受けるなら、エンジニアとして転職したりキャリアアップを達成するのに有利と言えます。難易度は三つに分かれており、中でも最も難易度の高いGoldは、設計者の意図をも汲み取り理解できる能力の程度が試されるため、簡単に取得することができませんが努力してみる価値は大いにあると言えるでしょう。
他にも、マイクロソフト認定プロフェッショナルと呼ばれ、マイクロソフト社により実施されている試験があります。この試験の目的は主に、マイクロソフト製品の技術力を問うためのものとされています。このマイクロソフト認定プロフェッショナルが取得できれば、マイクロソフト社の製品に関連した操作能力を証明できるという特徴があります。実際、この代表的なベンダー資格とも言えるマイクロソフト認定プロフェッショナルには、開発系のソフトから事務系まで非常に多くの種類に分かれているため、取得することによって大変活用しやすいと言われているのです。
参考にしたサイトは 資格の参謀 です。